ホーム » キャリアアップしてプロを目指せる介護業界

2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

キャリアアップしてプロを目指せる介護業界

 介護業界では、進む高齢化社会に対応し介護施設や事業所などが多くあるため、介護職の需要が高いことから求人募集も絶えることがないようです。
短期のパートではなく、継続的に長く介護業界で仕事を続けて行きたい方や現在無資格ヘルパーで働いている方でもっと上を目指したいと言う方もこれから介護職に就く方と同様に資格の取得によりキャリアアップを目指せます。
介護職では、介護職員初任者研修と介護職員実務者研修、国家資格の介護福祉士の3つの資格がメインとなっています。
第一歩目として介護職員初任者研修を受け、身体介護や生活援助の実務を実践し、次に実務者研修を受講し医療ケアも学びながら3年の実務経験を積むことで上級資格介護福祉士の取得ができます。
5年の実務経験を減るとさらに高い最上級のケアマネージャーの資格が取得できます。
いずれも取得には、幅広い知識と高い技術を要求され難易度の高い試験を受ける必要があります。
これに合格することにより大きくキャリアアップできるということです。
そのためには、仕事に就きながら多くの学ぶ必要があり、独学や実務経験などだけでは知り得ることが限られるため、通信講座や通学講座、時間的な制限のある方は短期集中講座などを受講することが効率的に学べるようです。
 このように働きながら実務経験を積みステップアップすることにより将来性のあるキャリアアップができるのがメリットと言えるでしょう。
また、介護職のプロと認められる資格ですから、再就職や転職の際にも有利となり自分に合った職場を選ぶことができるのも大きなポイントです。