ホーム » キャリアアップも夢じゃない介護業界

2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

キャリアアップも夢じゃない介護業界

 介護業界も福祉業界や医療業界と同じように数多くの資格を有し、その資格を取得することで将来性のあるキャリアアップに繋がります。
ご存知の通り介護職として仕事に就く際には介護職員初任者研修の受講が必要です。
無資格ホームヘルパーとしてパートで仕事もできますが、給料アップや正社員への転向を考えている方は、同様に初任者研修を受講することが最適です。
初任者研修者は、身体介護や生活援助などを訪問先で行ない、その次に介護職員実務者研修を受講し、医療ケアも学びながらさらに3年の実務経験を積むことで大きなキャリアアップのための介護福祉士資格の取得ができます。
国家資格の介護福祉士は、自分自身の高い知識と経験の証明と介護職のプロとして認められる介護業界の中の上位資格です。
これに伴い、訪問介護事業所では管理職として仕事に就け、介護施設では生活指導員やサービス提供責任者として活躍ができます。
その上には、5年の実務経験を必要とする公的資格のケアマネージャーと認定介護福祉士があります。
 いずれも実務経験で得た技術や知識以上に幅広い知識が必要となり、ハードルの高い試験を受ける必要があります。
そのためには、独学ではなかなか難しいこともあり、テキストや過去の出題傾向を知ることができる通信講座や講師から直接学習できる通学講座などを受講することが望ましいようです。
このように、仕事に就きながら実務経験を積み重ねステップアップしていくことでキャリアアップが実現できるのが大きなメリットと言えるでしょう。